Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KLab、ファイルサーバ内の個人情報をリアルタイム検出する「P-Pointer EXA」

KLabは、ファイルサーバ内の個人情報をリアルタイムで監視、検出するソフト「P-Pointer EXA」を、7月10日より発売する。

同ソフトは、パソコンやサーバのハードディスク内に保存されている個人情報について、ファイルの場所や内容、件数などを調べることができる「P-Pointer」シリーズの新製品。ファイルサーバ向けに提供する。

従来の機能にくわえ、同製品ではリアルタイムスキャンに対応。ファイルサーバを常時監視して個人情報を検索し、最新の結果が閲覧できる。

また、10種類以上の検出用辞書を搭載。複合条件フィルタや除外単語設定など詳細な検索条件が設定できるほか、事前にスケジュール設定することで、ファイル検索やCSV出力、管理者への検出通知などの自動運用が可能になった。

ファイルサーバのディスク容量に応じた価格体系を採用しており、初年度ライセンス費用は、10Tバイト以下で126万円。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性