Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、Java SE向けにセキュリティアップデートを公開 - 40件の脆弱性を修正

Oracleは、複数の深刻な脆弱性を修正する「Java SE」の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

今回のアップデートは、「JRE」や「JDK」に見つかった40件の脆弱性を修正するもので、セキュリティ以外の修正も実施している。影響を受けるのは、「同7 Update 21」「同6 Update 45」「同5 Update 45」「JavaFX 2.2.21」で、以前のバージョンも含まれる。

共通脆弱性評価システムである「CVSS v2」において、3段階中もっとも深刻な「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は、今回修正された脆弱性のうち18件。そのうち11件は最高スコアとなる「10.0」だった。悪用されると、リモートでコードが実行されるなど、深刻な被害をもたらす可能性がある。

同社やセキュリティ機関では、インストールされているJavaのバージョンを確認し、最新バージョンへアップデートするよう呼びかけている。次回のCPUは、10月15日を予定している。

(Security NEXT - 2013/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデート「WordPress 4.9.1」でセキュリティに関する問題4件を解決 - バグの修正も
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
脆弱性指摘受けた「Foxit Reader」、25日にパッチ公開予定
「Java SE」の脆弱性31件を解消するアップデート - Oracle
Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
Oracle、定例更新で「Java SE」の脆弱性8件を修正
「VMware vCenter」にリモートよりコード実行が可能となる深刻な脆弱性