Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、Java SE向けにセキュリティアップデートを公開 - 40件の脆弱性を修正

Oracleは、複数の深刻な脆弱性を修正する「Java SE」の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

今回のアップデートは、「JRE」や「JDK」に見つかった40件の脆弱性を修正するもので、セキュリティ以外の修正も実施している。影響を受けるのは、「同7 Update 21」「同6 Update 45」「同5 Update 45」「JavaFX 2.2.21」で、以前のバージョンも含まれる。

共通脆弱性評価システムである「CVSS v2」において、3段階中もっとも深刻な「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は、今回修正された脆弱性のうち18件。そのうち11件は最高スコアとなる「10.0」だった。悪用されると、リモートでコードが実行されるなど、深刻な被害をもたらす可能性がある。

同社やセキュリティ機関では、インストールされているJavaのバージョンを確認し、最新バージョンへアップデートするよう呼びかけている。次回のCPUは、10月15日を予定している。

(Security NEXT - 2013/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「Cisco Secure Access Control System」に深刻な脆弱性