Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートを公開

Oracleは、現地時間1月16日に四半期定例パッチ「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースし、「Java SE」における複数の脆弱性に対応した。

製品やバージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートではあわせて13件の脆弱性を解消している。11件については、認証を必要とすることなく、リモートより悪用が可能だという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアが「7.0」以上とされる脆弱性は5件。これらは「7.5」あるいは「7.4」と評価されている。CVSS基本値が「9.0」以上とされる脆弱性はなかった。

同社は、現地時間7月18日に脆弱性を解消した「JDK 21.0.2」「同17.0.10」「同11.0.22」「同8u401」「同7u411」、「Oracle GraalVM Enterprise Edition 22.3.5」「同21.3.9」「同20.3.13」をリリースしている。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-5072
CVE-2023-44487
CVE-2024-20918
CVE-2024-20919
CVE-2024-20921
CVE-2024-20922
CVE-2024-20923
CVE-2024-20925
CVE-2024-20926
CVE-2024-20932
CVE-2024-20945
CVE-2024-20952
CVE-2024-20955

(Security NEXT - 2024/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委