Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性

ワークフローを分散管理できるプラットフォーム「Apache DolphinScheduler」に複数の脆弱性が明らかとなった。2月11日にリリースされたアップデートにて修正されている。

認証されたユーザーにより、root権限で任意の「JavaScript」を実行できる「CVE-2024-23320」など、複数の脆弱性が判明し、対処したもの。「CVE-2024-23320」に関しては、「CVE-2023-49299」の修正が完全ではなかったことに起因するという。

またリモートよりコードの実行が可能となる「CVE-2023-49109」、任意のファイルを読み込みできる「CVE-2023-51770」、パスワード変更後も以前のセッションが有効のままとなる「CVE-2023-50270」、証明書の検証不備に起因する「CVE-2023-49250」などが判明した。

開発チームは、「CVE-2023-49250」を除く4件の重要度を、4段階中上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティング。「CVE-2023-49250」については「低(Low)」とした。

一方GitHubでは、「CVE-2024-23320」の重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」としている。「CVE-2023-51770」「CVE-2023-49109」「CVE-2023-49250」については「高(High)」、「CVE-2023-50270」を「中(Moderate)」とした。

これら脆弱性については、現地時間2月11日にリリースされた「Apache DolphinScheduler 3.2.1」にて修正されている。

(Security NEXT - 2024/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分