Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、組織内部で発生したサイバー攻撃を視覚化する「NIRVANA改」を開発

情報通信研究機構(NICT)は、組織内部のネットワークにおける通信状況や、サイバー攻撃の警告を分析し、グラフィカルに表示するプラットフォーム「NIRVANA改」を開発した。

20130611_ni_001.jpg
NIRVANA改の可視化画面(画像:NICT)

今回開発したのは、ネットワークをリアルタイムに可視化する「NIRVANA(nicter real-network visual analyzer)」を進化させたプラットフォーム。組織にマルウェアが侵入するといったセキュリティインシデントが多数発生しており、内部ネットワークの監視や分析の重要性が増していることから開発した。

具体的には、組織内ネットワークをリアルタイムに可視化。サイバー攻撃に関連した異常な通信を検知してアラートを表示する。さらに、ファイアウォールや侵入検知システムなど、セキュリティ機器の警告を集約して表示することも可能。対象とする組織内ネットワークは、アドレスブロック単位からIPアドレス単位の表示まで柔軟に変更できるという。

同機構では、6月12日より14日まで幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2013」のライブデモンストレーション「ShowNet」でデモを行う予定。

(Security NEXT - 2013/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも