Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、組織内部で発生したサイバー攻撃を視覚化する「NIRVANA改」を開発

情報通信研究機構(NICT)は、組織内部のネットワークにおける通信状況や、サイバー攻撃の警告を分析し、グラフィカルに表示するプラットフォーム「NIRVANA改」を開発した。

20130611_ni_001.jpg
NIRVANA改の可視化画面(画像:NICT)

今回開発したのは、ネットワークをリアルタイムに可視化する「NIRVANA(nicter real-network visual analyzer)」を進化させたプラットフォーム。組織にマルウェアが侵入するといったセキュリティインシデントが多数発生しており、内部ネットワークの監視や分析の重要性が増していることから開発した。

具体的には、組織内ネットワークをリアルタイムに可視化。サイバー攻撃に関連した異常な通信を検知してアラートを表示する。さらに、ファイアウォールや侵入検知システムなど、セキュリティ機器の警告を集約して表示することも可能。対象とする組織内ネットワークは、アドレスブロック単位からIPアドレス単位の表示まで柔軟に変更できるという。

同機構では、6月12日より14日まで幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2013」のライブデモンストレーション「ShowNet」でデモを行う予定。

(Security NEXT - 2013/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
教育委員会ネットワークに不正アクセス、影響などは調査中 - 前橋市