Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、組織内部で発生したサイバー攻撃を視覚化する「NIRVANA改」を開発

情報通信研究機構(NICT)は、組織内部のネットワークにおける通信状況や、サイバー攻撃の警告を分析し、グラフィカルに表示するプラットフォーム「NIRVANA改」を開発した。

20130611_ni_001.jpg
NIRVANA改の可視化画面(画像:NICT)

今回開発したのは、ネットワークをリアルタイムに可視化する「NIRVANA(nicter real-network visual analyzer)」を進化させたプラットフォーム。組織にマルウェアが侵入するといったセキュリティインシデントが多数発生しており、内部ネットワークの監視や分析の重要性が増していることから開発した。

具体的には、組織内ネットワークをリアルタイムに可視化。サイバー攻撃に関連した異常な通信を検知してアラートを表示する。さらに、ファイアウォールや侵入検知システムなど、セキュリティ機器の警告を集約して表示することも可能。対象とする組織内ネットワークは、アドレスブロック単位からIPアドレス単位の表示まで柔軟に変更できるという。

同機構では、6月12日より14日まで幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2013」のライブデモンストレーション「ShowNet」でデモを行う予定。

(Security NEXT - 2013/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
神戸大、業務PCでアダルトサイト閲覧した職員処分 - 2年で約1220時間
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」