Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ送信時に誤ってCC利用、メルアド流出 - 大阪市委託先

大阪市の女性向け就業支援事業である「大阪市しごと情報ひろばマザーズ」において、利用者80人分のメールアドレスが流出した。

同事業の委託先において、5月23日にメールマガジンの誤送信があり、メールアドレスが漏洩したもの。同事業者では、会員登録している1258件のメールアドレスに対してメールマガジンを送信する際、18回に分けて手動で「BCC」を用いて送信しており、そのうち1回を「CC」で送信。80人分、88件のメールアドレスが受信者間で確認できる状態となった。

送信当日、事業者が作業を確認したところ、問題に気が付いたという。事故を受けて、関係者に対し翌24日にメールで事情を説明。誤送信したメールの削除を依頼した。

同市では、委託事業者に再発防止策として、メールマガジンの配信時に入力内容を複数人数でチェックすることの徹底や、チェックリストにより管理者が確認するよう指示したという。

(Security NEXT - 2013/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
再就職促進事業でメール誤送信、メアドが流出 - 下関市