Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐倉市で住民検診の個人情報流出 - 匿名でデータ入りUSBメモリ届く

千葉県佐倉市は、住民検診対象者の個人情報1万9741件が流出したことを明らかにした。市長宛てに匿名の文書とUSBメモリが郵送され、流出が発覚したという。

流出したのは、2007年度の検診対象者1万9492人の個人情報と、2008年7月5日に実施された第1回検診の結果249人分。5月21日、市長宛てに匿名の封書で届いたという。

封書の中には、「日本健康倶楽部からの流出と思われるデータを入手した」とする内容の文書とUSBメモリが入っており、データを確認したところ、住民検診のデータであることが判明した。

いずれも、住民検診を委託している日本健康倶楽部が作成したもので、同事業者から流出した可能性が高いという。同市では、委託事業者から流出した可能性も含め調査を進めている。

漏洩にともなう具体的な被害は確認されていないが、警察にも通報し、対応を協議している。対象となる住民に対しては、謝罪の文書を送付する方針。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸