Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、サイバー攻撃対策の司令塔「分析センター」を設置

警察庁は、サイバー攻撃対策の強化を図るため、中心的な働きを担う「サイバー攻撃分析センター」を設置した。また現場対応力や官民連携を強化を推進する。

頻発するサイバー攻撃へ対応するため、サイバー攻撃対策官を長とする「サイバー攻撃分析センター」を設置。司令塔として、攻撃の実態解明や、全国警察の捜査を指導し、情報収集や総合的な分析を行う。

また現場対応力の強化として、専門的な知識や技能を持つ捜査員を都道府県の枠を超えて広域的に運用。サイバーフォースの体制を拡充し、サイバー攻撃対策に関する技術支援を強化する。また、捜査部門と技術部門が協同して対策を推進する。

さらに、サイバー攻撃による被害拡大を防ぐため、重要インフラ事業者やセキュリティ関連事業者、先端技術を持つ事業者との情報共有を進めるなど、官民の連携体制を充実させる。

(Security NEXT - 2013/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
「児童ポルノ」の削除要請、94%が削除 - 「リベンジポルノ」は79%
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも