Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、サイバー攻撃対策の司令塔「分析センター」を設置

警察庁は、サイバー攻撃対策の強化を図るため、中心的な働きを担う「サイバー攻撃分析センター」を設置した。また現場対応力や官民連携を強化を推進する。

頻発するサイバー攻撃へ対応するため、サイバー攻撃対策官を長とする「サイバー攻撃分析センター」を設置。司令塔として、攻撃の実態解明や、全国警察の捜査を指導し、情報収集や総合的な分析を行う。

また現場対応力の強化として、専門的な知識や技能を持つ捜査員を都道府県の枠を超えて広域的に運用。サイバーフォースの体制を拡充し、サイバー攻撃対策に関する技術支援を強化する。また、捜査部門と技術部門が協同して対策を推進する。

さらに、サイバー攻撃による被害拡大を防ぐため、重要インフラ事業者やセキュリティ関連事業者、先端技術を持つ事業者との情報共有を進めるなど、官民の連携体制を充実させる。

(Security NEXT - 2013/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
探索されるMQTT中継サーバ - 不用意な外部公開に注意を
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
海外製DVRの脆弱性を狙うアクセスを継続的に観測 - 警察庁
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
警察庁、ポータルサイト「サイバーポリスエージェンシー」開設
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中