Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、サイバー攻撃対策の司令塔「分析センター」を設置

警察庁は、サイバー攻撃対策の強化を図るため、中心的な働きを担う「サイバー攻撃分析センター」を設置した。また現場対応力や官民連携を強化を推進する。

頻発するサイバー攻撃へ対応するため、サイバー攻撃対策官を長とする「サイバー攻撃分析センター」を設置。司令塔として、攻撃の実態解明や、全国警察の捜査を指導し、情報収集や総合的な分析を行う。

また現場対応力の強化として、専門的な知識や技能を持つ捜査員を都道府県の枠を超えて広域的に運用。サイバーフォースの体制を拡充し、サイバー攻撃対策に関する技術支援を強化する。また、捜査部門と技術部門が協同して対策を推進する。

さらに、サイバー攻撃による被害拡大を防ぐため、重要インフラ事業者やセキュリティ関連事業者、先端技術を持つ事業者との情報共有を進めるなど、官民の連携体制を充実させる。

(Security NEXT - 2013/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
仮想通貨マイニングソフト狙うアクセスが増加 - アカウントリストを調査
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁