Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米両政府、サイバー空間の防衛や安全保障で初会合

日米両政府は、5月9日、10日の2日間にわたり、都内で第1回目となる日米サイバー対話を開催した。

同会合は、首脳間の合意に基づいて開催されたもので、サイバー空間における脅威の情報共有や防衛、安全保障の協力、政策の連携に向けた協議を進める。

第1回となる今回は、今井治サイバー政策担当大使が主催。外務省や内閣官房、総務省、経済産業省、防衛省、警察庁、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)、内閣情報調査室などの政府高官が参加した。

サイバー空間における共通の課題や協力方法について議論し、国際的な協議の場における共通目的を確認。政府横断的サイバー戦略の支援のほか、重要インフラ保護、防衛における役割や二国間の協力について話し合い、さらなる日米同盟の強化を確認した。

次回の会合は、2013年第4四半期にワシントンDCで開催される予定。

(Security NEXT - 2013/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
経産省とIPA、セキュリティに関する情報交流の場を提供
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出