Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米両政府、サイバー空間の防衛や安全保障で初会合

日米両政府は、5月9日、10日の2日間にわたり、都内で第1回目となる日米サイバー対話を開催した。

同会合は、首脳間の合意に基づいて開催されたもので、サイバー空間における脅威の情報共有や防衛、安全保障の協力、政策の連携に向けた協議を進める。

第1回となる今回は、今井治サイバー政策担当大使が主催。外務省や内閣官房、総務省、経済産業省、防衛省、警察庁、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)、内閣情報調査室などの政府高官が参加した。

サイバー空間における共通の課題や協力方法について議論し、国際的な協議の場における共通目的を確認。政府横断的サイバー戦略の支援のほか、重要インフラ保護、防衛における役割や二国間の協力について話し合い、さらなる日米同盟の強化を確認した。

次回の会合は、2013年第4四半期にワシントンDCで開催される予定。

(Security NEXT - 2013/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
政府、「サイバーセキュリティ月間」関連行事の募集を開始
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割