Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米両政府、サイバー空間の防衛や安全保障で初会合

日米両政府は、5月9日、10日の2日間にわたり、都内で第1回目となる日米サイバー対話を開催した。

同会合は、首脳間の合意に基づいて開催されたもので、サイバー空間における脅威の情報共有や防衛、安全保障の協力、政策の連携に向けた協議を進める。

第1回となる今回は、今井治サイバー政策担当大使が主催。外務省や内閣官房、総務省、経済産業省、防衛省、警察庁、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)、内閣情報調査室などの政府高官が参加した。

サイバー空間における共通の課題や協力方法について議論し、国際的な協議の場における共通目的を確認。政府横断的サイバー戦略の支援のほか、重要インフラ保護、防衛における役割や二国間の協力について話し合い、さらなる日米同盟の強化を確認した。

次回の会合は、2013年第4四半期にワシントンDCで開催される予定。

(Security NEXT - 2013/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも