Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dropboxなどへファイルを自動的に暗号化して保存できる秘文新製品

日立ソリューションズは、クラウド型のオンラインストレージサービス利用時の情報漏洩リスクを低減する「秘文 Cloud Data Protection」を8月30日より提供開始する。

20130423_hs_001.jpg
秘文 Cloud Data Protection(図:日立ソリューションズ)

同製品は、ファイルを透過的に暗号化し、オンラインストレージ上に保存できるセキュリティソリューション。パソコンやスマートデバイスで同期したファイルも暗号化された状態で保存される。

暗号鍵やポリシー、ログの取得をサーバで行い、ログインアカウントに紐づいたアクセスコントロールを実現し、企業やプロジェクトごとに機密性を確保することが可能。

編集が行えるクライアントソフトや専用ビューアを提供し、暗号鍵やパスワードの使い分けを意識せずに利用できる。ビューアは、Windowsにくわえ、iOSに対応。Androidについてもサポートする見込み。

利用可能なストレージサービスは、Microsoftの「SkyDrive」をはじめ、「Dropbox」「BOX」など主要サービスのほか、「Googleドライブ」にも対応する予定。さらにストレージサービスやマネジメントサービスを行う事業者と連携してサービスを提供するほか、組織内でサーバを構築しているケースには個別に対応する。

同社では、グローバル市場において「Credeon」シリーズを展開しており、同製品についても北米で「Credeon Cloud Data Protection」としてトライアルサービスを展開しており、グローバル市場のニーズを取り入れた製品開発を推進していくという。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業