Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

官民で標的型攻撃メール情報160件を共有 - 74%に悪意あるファイル

情報処理推進機構(IPA)は、サイバー情報共有イニシアティブ「J-CSIP」における2012年度の活動レポートを取りまとめた。

サイバー情報共有イニシアティブ「J-CSIP」は、標的型サイバー攻撃に対抗するため、官民連携の情報共有を目的として2011年10月に発足。

2013年4月の時点では、「重要インフラ機器製造」「電力」「ガス」「化学」「石油」の5業界、39組織が参加しており、検知された攻撃情報を、秘密保持契約のもと参加組織で共有し、セキュリティ対策へ活用している。

2012年度に参加組織から同機構に対し、標的型攻撃メールと疑われる不審なメールに関する情報提供が行われたのは246件。そのうち重複や対象外の情報を除き、160件を参加組織で共有した。

同機構に提供された不審なメールの傾向を見ると、送信地域は「韓国」が20%を占めて最多。次いで「日本(19%)」「米国(11%)」と続き、上位3カ国で半数を占める。35%については、メールのヘッダ情報が確保できない、ヘッダに送信元の痕跡が残っていないなどの理由により、送信元IPアドレスを特定できなかった。

またメールの74%に悪意あるファイルが添付されており、11%は本文中に不正サイトへ誘導するURLが記載されていた。添付ファイルもURLリンクもない、メールアドレスの存在確認が目的と思われるメールも11%にのぼる。

添付ファイルや、不正サイトへのアクセスにより感染するウイルスについて分析すると、ウイルスが接続する国の割合は、「米国(27%)」「香港(15%)」「中国(12%)」「韓国(12%)」「日本(7%)」だった。

添付ファイルを種類別に見ると、「Officeファイル」と「実行ファイル」がそれぞれ45%で多くを占める。また「拡張子を偽装した実行ファイル」も6%あった。「Adobe Reader」の脆弱性を狙うPDFファイルは1%と比較的少なかったという。

実行ファイルは、アイコンを偽装してメール受信者を騙すもので、脆弱性を悪用せずに感染させる手口が目立った。またOfficeファイルでは、「Flash Player」の脆弱性悪用を試みるものも少数ながら確認されたという。

(Security NEXT - 2013/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集