Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、法人向けにユーザー単位のライセンス製品 - PCとモバイルを包括的に保護

ソフォスは、エンドポイントとモバイルを包括的に保護するセキュリティ製品「Sophos EndUser Protection」を発表した。

同製品は、従来より提供しているエンドポイント向けセキュリティ対策製品とモバイルデバイス管理製品を統合したセキュリティソリューション。

従業員の利用するデバイス数が増加しており、デバイス単位のライセンスでは、ライセンス管理が煩雑となることから、ユーザー単位のライセンス方式を採用した。

同ソリューションには、エンドポイントのマルウェア対策を実現する「Sophos Anti-Virus」や、モバイル端末の管理を実現する「Sophos Mobile Control」のほか、「Sophos Mobile Security Enterprise」「Sophos Client Firewall」「Sophos Network Storage」「Sophos Protection for Microsoft Exchange」「SafeGuard Private Crypto」が含まれる。

また集中管理ツール「Enterprise Console」も利用することが可能。価格は、100ユーザー導入時の場合、1ユーザーあたり6300円/年。

(Security NEXT - 2013/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション