Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、法人向けにユーザー単位のライセンス製品 - PCとモバイルを包括的に保護

ソフォスは、エンドポイントとモバイルを包括的に保護するセキュリティ製品「Sophos EndUser Protection」を発表した。

同製品は、従来より提供しているエンドポイント向けセキュリティ対策製品とモバイルデバイス管理製品を統合したセキュリティソリューション。

従業員の利用するデバイス数が増加しており、デバイス単位のライセンスでは、ライセンス管理が煩雑となることから、ユーザー単位のライセンス方式を採用した。

同ソリューションには、エンドポイントのマルウェア対策を実現する「Sophos Anti-Virus」や、モバイル端末の管理を実現する「Sophos Mobile Control」のほか、「Sophos Mobile Security Enterprise」「Sophos Client Firewall」「Sophos Network Storage」「Sophos Protection for Microsoft Exchange」「SafeGuard Private Crypto」が含まれる。

また集中管理ツール「Enterprise Console」も利用することが可能。価格は、100ユーザー導入時の場合、1ユーザーあたり6300円/年。

(Security NEXT - 2013/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト