Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「オフィス宅ファイル便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に

オージス総研は、大容量ファイル送信サービス「オフィス宅ふぁいる便」の機能強化を行った。

同サービスは、企業向けの大容量ファイル転送サービス。送信ファイルごとにワンタイムパスワードを発行できるほか、利用者制限機能、ファイル送信の監査機能など、セキュリティ機能を提供している。

最新版では、1回の送信につき3Gバイトまで送信することが可能。ユーザーごとにパスワードポリシーを設定できるほか、パスワードを一定回数以上誤るとアカウントをロックできる。そのほか送受信履歴の確認や、サーバ上の不要ファイルの削除に対応した。

クラウド版の月額利用料は、100ユーザーの場合、1万7850円から。別途初期費用2万1000円が必要。パッケージ版の価格は、1000ライセンスの場合、210万円。

(Security NEXT - 2013/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC