Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリングソフト「InterSafe Personal Ver.2.5」がセーフサーチに対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、コンシューマー向けフィルタリングソフトの最新版「InterSafe Personal Ver.2.5」を販売開始した。

同製品は、家庭はもちろん、教育機関や図書館など公共機関を対象としたフィルタリングソフト。マルウェア配布サイト、アダルトサイト、違法情報サイト、詐欺サイトなどへの接続をブロックする。マルチアカウント機能により、1台の端末上でユーザーの切り替えに対応している。

最新版では、Windows 8に対応。「Google」「Yahoo!」「Bing」が提供する「セーフサーチ」機能との連動が可能となり、検索結果の一覧に表示される不適切な画像や動画を非表示にできる。

また「SNS・ブログ」をはじめ、「動画配信」「迷惑メールリンク」「翻訳サイト」「検索キャッシュ」の5カテゴリを追加。HTTPS通信にも対応しており、「Twitter」や「Facebook」などへの書き込みを制限できる。

価格は、パッケージ版が、6090円、ダウンロード版が、4410円。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム