Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

知人を巻き込む悪質Androidアプリに注意 - 拡散に「SMS」活用

シマンテックは、日本国内において、友人からの「SMS」に見せかけて拡散を狙う悪質なAndroidアプリが出回っているとして、注意するよう呼びかけている。

問題のアプリは、衣服が透けた写真を撮影できるなどとして、興味を誘う偽アプリ「Infrared X-Ray」。実際にそのような機能は搭載されておらず、誤ってインストールすると、端末に保存されている連絡帳のデータを外部へ送信する。

さらに「SMS」を悪用。あたかも本人が勧めているように見せかけ、連絡帳に登録されている知人に対して、アプリのダウンロードを促すSMSを送り付ける。

すでに同アプリには複数の亜種が確認されており、アダルトサイトの利用料などと称し、金銭の支払いを要求する詐欺アプリも出回っている。連絡帳の情報を抜き取り、支払わないと知人や友人に連絡を取ると恐喝。アプリをアンインストールしない限り、「SMS」を知人へ送信し続けるという。

シマンテックでは、見知らぬ相手に限らず、知人のメールやSMSにも危険が潜んでいるとして、記載されているリンクを安易にクリックしないよう警告を発している。またセキュリティ対策ソフトの活用や、公式サイトなどからアプリをダウンロードするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド