Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシスト、「ID棚卸キット」を提供開始

アシストは、企業のシステムにおけるアカウント情報の棚卸を自動化する「ID棚卸キット」を提供開始した。

同製品は、業務システムの特権IDやシステム固有ID、ディレクトリサービスおよびグループウェアの登録情報などを抽出し、レポートの抽出や人事システム、ID統合管理システムとの差異を検知できるソリューション。

退職者アカウントの削除や、不正登録されたり、長期間ログインしていない、パスワードが未変更であるなど、問題あるアカウントを把握し、IDの棚卸業務を効率的に行える。

インテックの製品をベースに共同で企画し、各種業務システムのデータ収集テンプレートを独自にバンドルした。「Windows Server」で動作する。

価格は210万円で、別途サポート費用が必要。同社では、2013年末までに10社の導入を目指し、製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立