Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求人サイト「ジョブセンス」でシステム障害 - 企業担当者や求職者の情報流出

アルバイト求人サイト「ジョブセンス」においてシステム障害が発生し、企業担当者や求職者の個人情報が、関係ない利用者から一時閲覧できる状態が発生した。

同サイトを運営するリブセンスによれば、2月27日16時半ごろに利用者の指摘により判明したもの。同社が原因を調べたところ、システム障害により2月23日以降にあわせて約115分間、個人情報が閲覧可能な状態が発生していた。

閲覧できた情報は、同サイトに登録している企業最大444社の担当者459人の氏名と企業名。また障害時に同サイトを利用して求人へ応募した最大1673人の氏名、電話番号、性別、メールアドレス、現在の職業などの情報も流出した可能性がある。不正利用の報告は寄せられていないという。

同社では同日20時前に修正を完了し、安全を確認できたとしてサービスを再開。同社では、対象となる企業については、詳細についてメールや電話で報告する。求職者に対しては同社より連絡は行わず、問い合わせ窓口にて対応する。

(Security NEXT - 2013/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生