Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市

大阪市は、事務連絡のメールを障害福祉サービス事業所に向けて送信した際、個人情報含むファイルを誤って添付するミスがあったことを明らかにした。

同市によれば、能登半島地震の発生にともない、2月15日に社会福祉施設に対する介護職員の派遣依頼に関する事務連絡メールを障害福祉サービス事業所に対して送信した。

送信先が多いことから14回にわけて送信したところ、そのうち1回で本来は派遣決定者リストを添付すべきところ、送付先一覧を誤って添付するミスが発生したという。

翌16日にメールを受信した事業所から連絡があり、問題が判明した。誤って添付したファイルには、障害福祉サービス事業所の管理者および運営法人代表者7468人分の氏名、住所が含まれる。一部電話番号、ファックス番号、生年月日なども記載されていた。

同市では、送信先の事業所に経緯を説明して謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼するとともに本来の事務連絡メールを送信した。

個人情報が流出した事業所の管理者や運営法人の代表者に対しては、書面を通じて謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正