Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader/Acrobat 9」のサポート終了まで4カ月

アドビシステムズが提供する「Adobe Reader 9」および「Adobe Acrobat 9」のサポート期間が4カ月をまもなく切る。サポート終了後は、脆弱性が見つかった場合も修正されないため、既存ユーザーは今後の対応について検討すべき時期を迎えている。

同社では、両製品のサポート終了日を6月26日に設定しており、それ以降は、脆弱性が発見された場合も、セキュリティアップデートを提供しない計画だ。

両製品の脆弱性は、これまでもたびたび悪用されている。6月以降も引き続き安全に利用したいユーザーは、後継製品となる「同XI」や「同X」へのアップブレードは必須だ。またPDFファイルの閲覧や作成など、同様の機能を備えた他社製品へのリプレイスも検討候補となるだろう。

これら製品を提供しているアドビシステムズでは、後継製品である「同XI」や「同X」へアップグレードすることについて、新機能やサポート面だけでなく、セキュリティ面でのメリットを強調している。

そのひとつは、「同X」以降に搭載された「サンドボックス機能」だ。細工されたPDFファイルなどを読み込んだ場合も、不正なコードの実行を抑制する。また「同XI」では、信頼されているPDFファイルのみJavaScriptを実行するよう制限することも可能だ。

2月に入り、「サンドボックス機能」を回避する攻撃が発生し、同社では急遽2月20日にアップデート「APSB13-07」を公開するなど例外もあるものの、「同9」に比べ全般に定例外の更新が減少しており、従来に比べ、より安全な環境を提供している。

(Security NEXT - 2013/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「Firefox 57」がリリース - 15件の脆弱性を修正
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定