Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年のサイト改ざん届出は38件 - ウイルス配布サイト転送が4割

情報処理推進機構(IPA)は、2012年に届出のあったウェブサイト改ざん被害について、分析結果と対策をまとめたレポート「IPAテクニカルウォッチ」を公開した。

レポートによれば、2012年の不正アクセスに関する届出131件のうち、ウェブサイト改ざんに関する届出は38件で、全体の約31%を占めた。

被害があった事例について、被害の内容を見ると、「ウイルス配布サイトに転送」が16件、「表示内容の書き換え」が12件で目立っている。フィッシングに悪用されたケースも3件あった。

改ざんされた原因は、脆弱性悪用が12件と目立って多い。そのうち、サーバ管理ツールの「Parallels Plesk Panel」に対する攻撃が4件で、CMSである「Joomla!」が3件で続く。

「FTPパスワード盗用(6件)」「設定不備(3件)」など運用上のミスを狙われたケースも報告されているが、「原因不明」とされるケースが17件で最多だった。サーバの運用形態による分類では、「自社運用型(11件)」より「ホスティングサービス(17件)」が上回った。

(Security NEXT - 2013/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加