Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出の98%が詐欺サイト、スマートフォン狙った攻撃も拡大中 - BBSS調査

BBソフトサービスは、2013年1月における不正サイトの検出状況を発表した。ワンクリック詐欺サイトが大半を占めている。

同社の不正サイト対策製品「Internet SagiWall」による検出状況をまとめたもの。悪質なサイトの検知件数は44万9649件にのぼり、「ワンクリックおよび不当請求詐欺サイト」が全体の98%を占めた。

「フィッシング詐欺サイト(0.6%)」「マルウエア感染サイト(0.5%)」「偽ソフト配布サイト(0.4%)」「脆弱性悪用サイト(0.3%)」などもあわせて検知されている。

ワンクリック詐欺サイトによる攻撃が中心だが、特に「Android」では、アダルトコンテンツサイトを装った詐欺サイトの検出が顕著で、大きな偏りを見せたという。一方、同じスマートデバイスである「iPhone」や「iPad」は、Flashに対応していないことから、ワンクリック詐欺サイトの検出が少ない傾向だった。

同社では、広告を配信するアドネットワークの一部で詐欺サイトへ誘導する悪質な広告を確認しており、一般的なサイトから詐欺サイトへ誘導されるケースもあると指摘。スマートフォンを対象としているケースもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
4社に3社が全社一貫のインシデント対応計画を持たず
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
高校生の約9割、SNSへの個人情報掲載が危険と認知