Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

27件の脆弱性を修正した「iOS 6.1」が公開

Appleは、iPhoneやiPadなど同社のスマートフォンが搭載しているiOSのセキュリティアップデートである「iOS 6.1」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、「WebKit」に存在する22件の脆弱性をはじめ、カーネルやWi-Fiに関する脆弱性、Apple ID認証が回避される問題などへ対応した。トルコの認証局が発行した不正な証明書の無効化なども実施しており、対応した脆弱性はあわせて27件に及んでいる。

またこれまでもAppleやMicrosoft、Googleなどへ脆弱性を報告しているMasato Kinugawa氏により報告された「Unicode」用内部コンポーネントの脆弱性が修正された。「EUC-JP」のエンコード処理に問題があり、クロスサイトスクリプティング攻撃を受ける問題が解消されている。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響
「EC-CUBE」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版などリリース