Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デ変研、文字列の「ゆらぎ」にも対応するファイル検出ソフト

データ変換研究所は、指定したキーワード含むファイルを検出できるソフトウェア「Nepnos」を、2月1日より発売する。

同製品は、PC上でメールや文書など大量のファイルから指定したキーワードを含むファイルを検出できるソフトウェア。インシデント発生時の調査などにおいて利用できる。

日本語の文字コードや日本独自のファイルフォーマットに対応しており、ひらがなやカタカナ、半角カタカナなど文字列のゆらぎがある場合にも検出が可能。可変キーワードと完全一致キーワードが設定可能で、検索結果ではヒットしたファイルを一覧表示する。

キーワードのハイライト表示が可能で、前後の要約を表示。また本文にくわえ、ファイル名、プロパティに含まれる文字列も検出。ファイルフォーマットは、OfficeやPDF、一太郎、メールなどへ対応している。

価格は、PC1台での稼動ライセンスが102万9000円。初年度の保守費用も含まれる。

(Security NEXT - 2013/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム