Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の脆弱性攻撃を防ぐ「FFR yarai」に英語版 - グローバル企業に展開

フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)は、セキュリティ対策ソフト「FFR yarai」の英語版を提供開始した。

同製品は、4種類のヒューリスティックエンジンを搭載。パターンファイルに依存せず、未知のマルウェアや脆弱性攻撃に対応できるセキュリティ対策ソフト。

今回、官公庁やグローバル企業から要望が寄せられていた英語版をあらたに追加した。集中管理ツール「FFR Enterprise Management Console」の英語版も用意している。

当初は、既存販売網で海外展開する国内グローバル企業に対して展開。今後は、海外の現地法人に対する販売や、現地の販売店契約獲得など、販売チャネルの拡大を目指す。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ