Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、企業向けクラウドサービスがLinux対応

エフセキュアは、クラウド型セキュリティ対策サービス「エフセキュアプロテクションサービスビジネス」のサービス内容を拡充し、Linuxサーバの保護に対応した。

同サービスは、同社パートナー経由で提供している企業向けセキュリティソリューション。パソコンやファイルサーバ、メールサーバなど、各環境に応じたセキュリティ対策を包括的に提供する。

今回「Linux」をサポート対象に追加し、「Redhat」「CentOS」「Debian」「SUSE」「Turbolinux」「Asianux」など幅広いディストリビューションで利用できる。

(Security NEXT - 2013/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル