Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Fortinet、AWSに仮想ウェブアプリファイアウォールを提供

米Fortinetは、クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」にウェブアプリケーションファイアウォール「FortiWeb仮想アプライアンス」を提供開始した。

同ソリューションは、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御する仮想アプライアンス。シグネチャによる防御、データ流出対策機能などを搭載。アプリケーションの脆弱性を詳細に分析できる脆弱性スキャナを統合している。

また利用者の動作をプロファイリングし、許可する動作のベースラインを確立できるほか、リアルタイムデータ分析機能により、ウェブアプリケーションの利用状況を把握できる。AWS上で動作するウェブアプリケーションファイアウォールについても、同社製品の管理プラットフォームによる一元管理に対応している。

(Security NEXT - 2012/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム