Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、クラウドやミッドレンジ向けに次世代ファイアウォールの新製品

パロアルトネットワークスは、次世代ファイアウォールの新製品を発表した。あわせて最新OS「PAN-OS 5.0」の提供も開始している。

今回発表した「VM-Series」は、アプリケーションやユーザー、コンテンツにより通信を制御できる仮想化データセンター向けの次世代ファイアウォール。同製品を「VMware vSphere」へ統合し、ポリシーを一元管理できる。

クラウドオートメーションやオーケストレーションツールを利用してユーザーやアプリケーションベースのポリシーを仮想マシンや仮想サーバの環境に紐付けることが可能。ホスト間で仮想マシンを移動させた場合も、セキュリティポリシーを追随させることができる。

一方「PA-3000シリーズ」は、最大4Gbpsを実現した次世代ファイアウォールのハードウェアアプライアンス。今回「PA-3020」と「PA-3050」を投入し、ミッドレンジ向けのラインナップを強化した。

さらに「Panorama管理システム」に対応した「M-100アプライアンス」を発表。同管理アプライアンスは、同社製品の一元管理はもちろん、分散したログの収集機能を備えている。

また最新OS「PAN-OS 5.0」の提供を開始している。管理機能の強化やユーザビリティの改善を盛り込んだほか、IPv6拡張機能、SSLトラフィックの管理制御に対応するなど60種以上の新機能を追加した。メンテナンス契約を締結している利用者は無料でアップグレードできる。

(Security NEXT - 2012/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入