Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マカフィーオールアクセス2013」が機能強化 - 「脆弱性スキャナー」を搭載

マカフィーは、マルチデバイスを対象としたコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィーオールアクセス2013」の機能を強化したと発表した。

最新版では、「Windows 8」やタッチパネル式のデバイスに対応。ウイルス対策機能を強化しており、あたしいスキャンエンジンを採用している。またOSやアプリケーションの脆弱性を検出し、レポートする「脆弱性スキャナー」を搭載した。

ダッシュボードから複数デバイスの保護状況を確認でき、家族が使用するデバイスへインストールしたり、テクニカルサポートへ簡単にアクセスできるよう工夫するなどインタフェースを見直した。またパフォーマンスや速度が向上させる一方、電力消費の低減を目指したという。

価格は1年1ユーザー版が9980円、1年5ユーザー版が1万4800円。ダウンロード版も用意している。

(Security NEXT - 2012/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化