Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マカフィーオールアクセス2013」が機能強化 - 「脆弱性スキャナー」を搭載

マカフィーは、マルチデバイスを対象としたコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「マカフィーオールアクセス2013」の機能を強化したと発表した。

最新版では、「Windows 8」やタッチパネル式のデバイスに対応。ウイルス対策機能を強化しており、あたしいスキャンエンジンを採用している。またOSやアプリケーションの脆弱性を検出し、レポートする「脆弱性スキャナー」を搭載した。

ダッシュボードから複数デバイスの保護状況を確認でき、家族が使用するデバイスへインストールしたり、テクニカルサポートへ簡単にアクセスできるよう工夫するなどインタフェースを見直した。またパフォーマンスや速度が向上させる一方、電力消費の低減を目指したという。

価格は1年1ユーザー版が9980円、1年5ユーザー版が1万4800円。ダウンロード版も用意している。

(Security NEXT - 2012/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
サイバーリーズン、ランサムウェア対策ツールを個人向けに無償提供