Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの脆弱性、修正まで3カ月以上要したケースが43%

2012年第3四半期はウェブサイトに関する脆弱性が目立ち、前四半期の約26.6%増となる157件だった。一方、これまで届出があったサイトのうち、171件が修正されたが、半数弱が90日以上を要したという。

情報処理推進機構(IPA)が取りまとめた2012年第3四半期における脆弱性の届出状況によれば、同四半期の脆弱性は197件。前四半期の167件から増加した。ソフトウェア製品に関するものが40件と前四半期の45件を下回る一方、ウェブサイトの関する届出は前四半期の124件から157件に増加している。

ウェブサイトの届出は、2011年第4四半期の382件をピークに減少傾向が続いていたが、再び増加に転じた。2004年の届出受付開始からの累計件数は7950件となり、ウェブサイトが全体の82%を占める。1就業日あたりの届出件数は3.96件で、前四半期の3.99件からほぼ横ばいだった。

同四半期に届出があったソフトウェア製品を種類別に見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が22%でもっとも多く、「グループウェア(12%)」「ウェブブラウザ(12%)」と続く。

脆弱性が悪用された場合に生じる脅威の内訳は、「任意のスクリプトの実行」が30%を占めた。「情報の漏洩」と「任意のファイルへのアクセス」がともに13%で続いている。

一方ウェブサイト関連では、「クロスサイトスクリプティング」が88%で大多数を占めた。このほか、「SQLインジェクション」「ファイルの誤った公開」が3%となっている。

同四半期における脆弱性の修正状況を見ると、ソフトウェア製品の届出のうち、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行い、製品開発者が修正を完了したものは28件。累計では667件となった。

ウェブサイトについては、171件が修正を完了したが、そのうち43%にあたる73件は、届出から修正完了まで90日以上経過していたという。

(Security NEXT - 2012/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性