Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとCSE、仮想デスクトップ環境とワンタイムパスワードを連携

NTTアドバンステクノロジとシー・エス・イーは、Pivot3製デスクトップ仮想化アプライアンス「vSTAC VDITM」とワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」の連携を実現したと発表した。

「vSTAC VDITM」は、VMware Viewを用いて仮想デスクトップ環境(VDI)を提供するアプライアンス。一方、SECUREMATRIXではハードウェアを利用せず、マトリックス上の表を用いてワンタイムパスワードを実現している。

両製品の連携により、シンクライアント端末やスマートフォン、タブレット端末から仮想デスクトップ環境にログインすることが可能となった。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも
正規アプリ起動時に偽画面を最前面に表示、クレカ情報詐取する不正アプリ
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加