Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 8対応「スーパーセキュリティZERO」が登場 - 「決済ブラウザ」を搭載

ソースネクストは、Windows 8に対応したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「スーパーセキュリティZERO」の最新版を、11月30日より発売する。

同製品は、BitDefenderのエンジンを搭載したセキュリティ対策ソフト。最新版ではWindows 8に対応したほか、ネットバンキングやオンライン決済を安全に行うための専用ブラウザ「決済ブラウザ」を用意。

さらに紛失PCの位置情報取得やリモートロック、リモートワイプが可能な盗難対策機能などを搭載。ユーザーインターフェースの刷新や、パフォーマンス向上、ペアレンタルコントロールの強化、デスクトップウィジェットの搭載など機能を強化した。

価格は3990円。対応OSのサポート期間中は更新料無料で利用できる。

(Security NEXT - 2012/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止