Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフラ管理ツール「Splunk」に任意のファイルを閲覧できる脆弱性

インフラやシステムが生成するデータを収集して管理でき、トラブルシューティングやインシデント調査などに活用できるソフトウェア「Splunk」に脆弱性が含まれていることがわかった。

検証を行ったNTTデータ先端技術によると、同ツールにおいて管理者権限を持つユーザーが、脆弱性を利用することにより、本来は閲覧できないシステム上の任意のファイルを閲覧できるという。

脆弱性は「Splunk 4.3.3」およびそれ以前のバージョンに含まれているが、開発元であるSplunkは、同問題を脆弱性と捉えていないため、今後修正が行われない可能性もあるという。

NTTデータ先端技術では、同ツールを利用している場合は、不正ログインを防止するため、適切なパスワードが設定されていることや、権限を付与しているユーザーに問題がないか確認するよう勧告。また同ツールに対して適切な動作権限を設定したり、接続可能なアクセス元を制限するなど緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大