Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスターの新版が登場 - Facebookのプライバシー設定支援機能

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ウイルスバスタークラウド」を発売した。

120831tm_01.jpg
取締役副社長の大三川彰彦氏

同製品は、ウイルス対策やウェブ経由の脅威対策、URLフィルタ、情報漏洩対策などを備えたコンシューマー向けのセキュリティ対策ソフト。今回よりバージョンレスとなり、ライセンス契約期間内に機能強化が簡単に実装できる製品を目指した。ダウンロード版を先行発売し、店頭発売は9月7日を予定している。

最新版では、クラウド型セキュリティ技術基盤「スマートプロテクションネットワーク」の拡張技術により、定義ファイルへ未登録のマルウェアに対する検出精度を向上させた。

また「Facebookプライバシー設定チェッカー」を搭載。Facebookのプライバシーに関する10項目の設定内容について、より安全に使うための設定についてアドバイスを行う。

さらにリンクの安全性を表示する「SNSプロテクション」の対象を「google+」「Linkedin」「Pinterest」に拡大するなど、ソーシャルネットワークの安全対策を強化している。

120831tm_02.jpg
シンプルなUIを採用

10月に登場する次期OS「Windows 8」への対応も進め、「セキュアブート」に対応。デスクトップだけでなく、「モダンUI」からウェブレピュテーション機能を利用できるほか、地図上で脅威動向を知らせる専用アプリなど、10月より提供する予定。

すでに提供が開始されているが、同梱されるMac版についても3年ぶりのメジャーバージョンアップが行われた。1シリアルでWindowsと組み合わせて3台まで利用できる。

製品発表会で登壇した同社取締役副社長の大三川彰彦氏は、「セキュリティソフトの会社から、難しいセキュリティを簡単にする会社を目指す」と語り、わかりやすい製品の提供を目指したと説明。利用者が拡大するSNS対策や脅威の可視化など新機能をアピールした。

同社オンラインショップ価格は、1年版が5980円。3年版が1万2800円。同社では今後1年間に、既存ユーザー、新規獲得ユーザー、月額版などあわせて1450万ユーザーの利用を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止