Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、システム障害で東証に業務改善命令 - 外部専門家の検証求める

金融庁は、8月7日にデリバティブ取引でシステム障害が発生した東京証券取引所に対し、外部専門家による検証や対策などを求める行政処分を行った。

問題となった障害は、デリバティブ売買システムのネットワーク機器に発生したハードウェアの不具合に起因して発生。8月7日9時18分から10時55分にかけて全派生商品が取引できない状況に陥った。

同庁は、直接的な原因がハードウェアの障害や製品の不具合であるとしつつも、東証では2012年2月にもシステム障害が発生しており、システムの点検など対策を実施していたが、その際の対応が不十分で再び障害が発生したとして、金融商品取引法に基づいて業務改善命令を行った。

同庁では、外部専門家による対策の実効性について検証を受けたうえで、速やかに対策を実行することや、定期的に状況を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2012/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
不正送金NEMを補償、一部仮想通貨の出金なども再開 - コインチェック