Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookファンページの投稿にも注意を - 偽アプリに誘導する手口

Facebook上で参加者同志がコミュニケーションを取れる「ファンページ」を通じ、Android向け不正アプリを拡散させようとする手口が確認された。趣味を同じくするファンの「口コミ投稿」に見せかけた悪質な攻撃に注意するよう専門家が警告している。

トレンドマイクロが、愛犬家のファンページ上に行われた不正な投稿を確認したもの。投稿では「わんこアプリ発見」などと親しみを込めたメッセージでリンクを紹介し、拡散を試みていた。

同社がリンク先URLを確認したところ、愛犬家とまったく関連がないものの、Androidユーザーの興味を引こうとした「電池長持ち」という偽アプリだった。誤ってインストールして起動すると、アドレス帳の情報を不正に取得され、外部に送信される。

同社では、問題のアプリをセキュリティ対策ソフトで「ANDROIDOS_FAKEBATTSAVE.A」として検知するよう対応。ファンページ参加者からメッセージに警戒心が薄れ、思わずクリックしてしまう可能性もあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」