Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先端技術、IPv6対応の不正アクセス対策サービスを開始 - IPv4混在環境にも対応

NTTデータ先端技術は、IPv6環境に対応した「不正アクセス監視サービス」「不正アクセス遮断サービス」を提供開始した。

同サービスは、フルタイムで外部からの不正侵入や内部からの不正アクセスを監視したり、ワームによる攻撃や脆弱性に対する攻撃を遮断するサービス。従来よりIPv4環境向けに展開してきたが、環境整備が進むIPv6環境へあらたに対応した。

今回のサービス拡張によりIPv6のみで構築されたシステムはもちろん、IPv4とIPv6のデュアルスタック環境のシステム、IPv6とIPv4トランスレータを介したIPv6システムなど幅広い環境で活用できる。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
損ジャ日興、コネクテッドカー向けに特約 - 不正アクセスによる事故へ対応
Bitcoin事業者向けサイバー保険 - 不正アクセスだけでなく、内部犯行や設定ミスもカバー
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応