Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、複数のセキュリティゲートウェイを統合する仮想化製品を発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、複数のセキュリティゲートウェイを単一のアプライアンスやサーバに統合できる仮想化製品「Check Point Virtual Systems」を提供開始した。

同システムでは、ゲートウェイやサーバ上にプライベートクラウド環境を構築。最大250の下層システムを単一のゲートウェイに統合し、管理できる。

セキュリティ機能を自由に追加できる同社の「Software Blade」を組み合わせ、カスタマイズすることも可能。最大8台のゲートウェイのクラスタ化に対応している。また専用のバーチャルシステムを用意すれば、IT管理業務の職務分掌も従来と同様に行える。

同社では、部門や事業部ごとにセキュリティを管理する必要のある企業や、単一のシステムで複数の顧客にサービスを提供する必要のあるマネージドサービスプロバイダなどをターゲットに製品を展開する。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン