Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、中小企業向けセキュリティ学習サイトをオープン - 普及啓発活動の支援ポータルも用意

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業におけるセキュリティ対策の推進を目指した情報セキュリティ対策支援サイト「iSupport」をオープンした。

同サイトでは、企業内におけるセキュリティ対策の学習や対策ツール類を提供する「セキュリティ支援ツールポータル」と、普及啓発活動に利用できるツールを集約した「セキュリティプレゼンターポータル」を用意。

「セキュリティ支援ツールポータル」では、これまでダウンロードの必要があった学習コンテンツや診断オンラインコンテンツをオンラインで配信。ブラウザから気軽に利用できるようになった。

一方「セキュリティプレゼンターポータル」は、中小企業の経営支援やIT活用のサポートを行い、セキュリティ対策の普及啓発などにもあたる中小企業診断士やITコーディネータなどを対象としたサイト。

同機構が提供するセキュリティ関連ツールやセミナー情報をサイト上で入手できる。利用にあたり会員登録が必要。会費は無料で、ウェブサイト上で登録を受け付けている。

(Security NEXT - 2012/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩
セキュリティ対策宣言制度、ロゴマーク使用の申込受付開始
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
保有件数5000件以下の中小企業向けにサポートページ - 個人情報保護委
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも