Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!メールが送信ドメイン認証技術「DKIM」に対応 - 「なりすまし」の判別可能に

ヤフーは、同社のメールサービス「Yahoo!メール」において、送信元を詐称する「なりすましメール」を防止する送信ドメイン認証技術「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」に対応した。

「DKIM」は、送信するメールへ電子署名を付与することで、受信者側で送信元のドメインが正当であるか認証できる技術。メールアドレスの詐称やメール本文の改ざんなどを受信側で検証できる。

「なりすまし」対策に活用するには、送受信双方の対応が必要。今回同社では、受信側として対応。DKIM認証が正しく行われたメールには発信元ドメインを表示し、正しく検証できなかったメールの一部に対して「注意喚起」アイコンを表示し、ユーザーに注意を促す。

また送信側としては、「Yahoo!メール」でユーザーが送信するメールや、同社が送信する案内メールに対してDKIM署名を付与。「yahoo.co.jp」「ybb.ne.jp」「mail.yahoo.co.jp」のなりすまし対策について強化した。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社
なりすましメール防止の「安心マーク」、地方自治体が初導入
標的型攻撃メールには「三位一体対策」を - IPA
ナノオプト、メールセキュリティに特化したカンファレンスイベント
トランスウエアのスパム対策製品が「DMARC」対応
「なりすましメール防止安心マーク」を国内銀行が初採用
2012年のスパム、前年比8.2ポイント減 - カスペルスキーまとめ