Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック

シマンテックは、送信ドメイン認証の実装を支援するクラウドサービス「Email Fraud Protection」を提供開始する。

同ソリューションは、送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション。メール送信者における「SPF」「DKIM」「DMARC」などのレコードをモニタリングすることで、送信ドメイン認証の運用を支援する。

また「Symantec Email Security」と連携。送信ドメイン認証を活用して、不正と見られるメールのブロックを実現する。あわせて「Symantec Email Threat Isolation」とも連携にも対応している。

(Security NEXT - 2019/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
「ServiceNow」に複数のXSS脆弱性 - アップデートで修正
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP