Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応

デジタルアーツは、メールフィルタリング製品「m-FILTER」の新版をリリースした。今回のアップデートで送信ドメイン認証に対応した。

新版となる「同5.40」では、送信ドメイン認証に対応。受信メールを「SPF」「DKIM」で確認して結果を付与。認証されなかったメールについては「DMARC」のレコード内容に応じて処理する。

また短縮URLやCGIなど用いてリダイレクトするURLを、リダイレクト先から判断するよう改良。マクロを含む「.doc」「.xls」ファイルが添付されたメールの隔離に対応した。

(Security NEXT - 2020/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジャックス装うフィッシング攻撃が発生 - 利用確認促す手口
不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス