Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含む私用PCを医学部内で紛失、盗難か - 福岡大学病院

福岡大学病院の医師が、患者の個人情報が保存されたノートパソコンを紛失した。盗難の可能性もあるとして、警察へ届けている。

紛失したのは、医師が個人で所有していたノートPCで、患者125人の氏名、年齢、性別、患者ID、計測結果で、そのうち23人については略語化された病名も含まれる。5月30日に、医学部の自室に置いていたPCがなくなっていることに気が付いた。

医師は盗難の可能性が高いと判断し、6月6日に病院へ報告。7日に警察へ被害届を提出した。同院では、対象となる患者へ個別に報告と謝罪を進めている。同院では、部屋が不在となる際の施錠管理やセキュリティワイヤーによるパソコンの盗難防止、警備巡回の強化など対策に取り組む。

(Security NEXT - 2012/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省