Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 13.0.1」を公開、「Flash Player 11.3」利用時の不具合を一部修正

Mozillaは、Firefoxの最新版となる「同13.0.1」を公開し、Windows版において「Adobe Flash Player 11.3」との相性問題を一部修正した。

今回のアップデートは、「同13」において、終了時に「Flash Player」がクラッシュする不具合を解消したもの。「Flash Player」が保護モードに対応したことに起因する不具合だという。

これ以外にも動画サイトで「動画を再生できない」「コンテンツの表示が乱れる」といった問題が報告されているほか、日本語入力ソフトと「Flash Player」の互換性により「日本語入力ができない」といった問題が判明している。

Mozillaでは、「同13.0.1」の修正以外については、Adobeによる修正待ちであると説明。Adobeでは、最新版を利用できないユーザー向けに、「Flash Player 10.3.183.20」を公開しており、同バージョンを利用することにより不具合を回避できるという。

(Security NEXT - 2012/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
楽天カード、3月7日朝に全面復旧を予定 - 6日も19時半より一時再開
楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響