Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドライブバイダウンロード攻撃の関連マルウェアがランキング上位占める - ESET調査

キヤノンITソリューションズは、ESETが4月に追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況を発表した。

ESETがまとめたマルウェアランキングによると、改ざんサイトに埋め込まれ、悪意あるプログラムをダウンロードさせるサイトにリダイレクトする「JS/Iframe.CD」が、全体の約5%にのぼり1位だった。

さらに3位の「HTML/Iframe.B.Gen」をはじめ、ドライブバイダウンロード攻撃を構成する「トロイの木馬」「iframe」「JavaScript」が上位10種中7種を占めたという。

2番目に多く検出されたのはインターネットから別のマルウェアをダウンロードするダウンローダー「Win32/TrojanDownloader.Agent.RAG」。6位と9位には、オートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で拡散する「INF/Autorun」がランクインした。

同社が発表したマルウェアトップ10は以下のとおり。

1位:JS/Iframe.CD
2位:Win32/TrojanDownloader.Agent.RAG
3位:HTML/Iframe.B.Gen
4位:JS/Iframe.CX
5位:HTML/ScrInject.B.Gen
6位:INF/Autorun.Sz
7位:JS/Iframe.CP
8位:INF/Autorun
9位:JS/Kryptik.LX
10位:JS/Iframe.DA

(Security NEXT - 2012/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加