Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google PlayにSMSを外部へ送信する無料スパイアプリ - トレンドが確認

トレンドマイクロは、Android端末からSMSのデータを盗み出す無料スパイツールが「Google Play」で公開されていたことを明らかにした。

問題とされるアプリは「Sms Detective Beta」。ハッカーコミュニティでアプリに関する情報が交換されていたことから同社が調査を進め、5月中旬にアプリを突き止めたという。ツールは公開当時ベータ版で、少なくとも2012年3月11日から無料配布されており、500人から1000人がダウンロードしたという。すでにGoogle Play上からは削除されている。

問題のアプリは、インストールすると端末で送受信したSMSをログとして記録。一定期間ごとに指定した外部のFTPサーバへ転送する。インストールやFTPサーバの用意など、利用するためには障壁があるものの、今後、改変したアプリが登場する可能性もあるとして同社では警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演