Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」にXSSの脆弱性

LINEヤフーが提供するスマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」に脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2024-28895」が明らかとなったもの。iOS版、Android版のいずれも影響を受ける。脆弱性の悪用などは確認されていないという。

同脆弱性を悪用されると、端末内の他アプリより同アプリのWebView上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「5.0」と評価されている。

同脆弱性は、ブロードバンドセキュリティの志賀拓馬氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

Android版では、2月9日にリリースされた「同3.162.0」にて修正。iOS版は、3月25日にリリースされた「同4.110.0」にて修正されている。

(Security NEXT - 2024/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場