Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロ野球2球団のチケット販売システムに不正アクセス - カード情報流出のおそれ

福岡ソフトバンクホークスマーケティングと北海道日本ハムファイターズが利用したチケット販売システムが、不正アクセスを受けていたことがわかった。クレジットカード情報など顧客情報が外部へ流出した可能性があるという。

北海道日本ハムファイターズは、利用しているシステム会社の一部サーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした上で、セキュリティ対策を実施し、情報漏洩の影響について調査を進めていると説明。

また福岡ソフトバンクホークスマーケティングでは、2011年にサービスを利用した一部顧客において、不正利用が発生したとの報告をクレジットカード会社より受けたという。2012年のシーズン開始以降は、チケット販売のシステム会社を変更したとしており、2011年以前の利用者に影響があるとしている。

今回加盟店2社において情報漏洩が発生した可能性があるとして、三井住友カードや三菱UFJニコス、楽天銀行などは、カードの不正利用について監視しており、カード利用者に対して、身に覚えのない請求がある場合は、問い合わせ窓口まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致