Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの無料セキュリティ対策ソフトが自動駆除に対応 - マルウェア検出時にアドバイスを提供

日本マイクロソフトは、機能を強化した無料セキュリティ対策ソフトの新版「Microsoft Security Essentials 4.0」を提供している。

同製品は、常駐してマルウェアを検知する無料のセキュリティ対策ソフト。同社のエンタープライズ製品「Forefront」と同様の定義情報を利用している。ベータテスト終了にともない、4月より「同4.0」の正式版の公開を開始したもので、同社サイトよりダウンロードできる。

最新版では、危険性が高いマルウェアを検知した際、ユーザーの判断を待たず、自動的に駆除する機能を搭載。また駆除した際に、マルウェアが及ぼす影響やパスワードの変更などユーザーが実施すべき対応についてアドバイスする機能を備えた。

さらにシームレスなアップデートに対応。同バージョン以降は、最新版へ自動的にアップデートすることが可能。パフォーマンスについても向上しており、PCやアプリケーション起動時の時間短縮や消費メモリを抑えたという。

(Security NEXT - 2012/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
セキュリティ対策状況を統計情報と比較できるサービス - NRIセキュア
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル