Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ改ざんのターゲットは運用実績ある有名サイト - 1000万人以上が閲覧で被害

バラクーダネットワークスジャパンは、一定期間以上運用されている著名ウェブサイトが改ざん攻撃のターゲットになっているとの調査結果を発表した。

同社が、アクセス解析サービス「Alexa」の上位2万5000サイトを対象に、ウェブサイトの閲覧によるマルウェア感染の危険性について、2月の1カ月間にわたり調査を実施したもの。

調査結果によれば、これらサイトでは、1日あたり平均2サイトが不正プログラムに感染していることが判明。また29日中23日で、ランキング上位のサイトが被害に遭っていたという。

同社は、こうしたウェブサイトを閲覧したことにより、マルウェアの感染リスクが生じたユーザーは、ワールドワイドで約1000万人以上にのぼると試算している。

また被害に遭ったサイトの97%は、サイトの開設から最低1年を経過しており、半数以上が5年以上運用されているサイトだった。同社は、長期間運用されているウェブサイトを、サイバー犯罪者がドライブバイダウンロード攻撃に利用していると分析している。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増