Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールに付属するマルウェアの41.1%がポリモーフィック型 - シマンテックレポート

シマンテックは、2月におけるウイルスやスパムの検知状況について取りまとめた。悪質なウェブサイトが前月より増加している。

レポートによれば、同社は2月に、改ざんや悪意を持って作成されたあらたなマルウェア配布サイトを1日あたり2305件検知した。前月から増加したものの、2011年後半と比較するとあらたにブロックされるサイトの件数は大きく減少している。

しかしながら、ウェブ上で配布されるマルウェアの数そのものは増加しており、少数のサイトでマルウェアを拡散させるケースが多いという。

ウイルスに感染させることを目的としたメールの割合は0.37%で、前月より0.03ポイント減少。274通に1通の割合で送信されている。そのうち不正サイトへのリンクを含むメールは27.4%で、前月よりわずかに減少した。

メール感染型マルウェアで最も多く検知されたのは「Exploit/SpoofBBB」で前月と同様だったが、全体に占める割合は減少している。

一方、定義ファイルベースのセキュリティ対策をすり抜けるためにコードを変化させるポリモーフィック型マルウェアの割合が上昇しており、2月はメール感染型マルウェアの41.1%を占めた。

全メールに占めるスパムの割合は68%で、前月より1ポイント減少した。バレンタインデー関連のスパムが目立ち、バレンタイン1週間前には関連スパムの量が1日平均3.5倍になった。フィッシングメールの割合は0.28%で、前月から0.01ポイント増加している。

国内では、ウイルス感染メールは1167通に1通、フィッシングについても4762通に1通と、ワールドワイドと比較して低い水準ながらも、前月より割合は上昇している。スパムは65.1%で、前月より減少した。

(Security NEXT - 2012/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍